水神宮・椰野原稲荷神社・末社
水神宮

spacer合祀四社
写真左は、椰野原(なぎのはら)稲荷神社。
【神社由緒書を写す】 御祭神 宇加御魂神(うかのみたまのかみ)
荒川放水路は明治・大正時代 東京都埼玉一帯が大雨により洪水が発生し、住民が毎年悲惨な思いをしていた過程で建設されました。椰野原は荒川河川敷一帯を表し、ナギが生息していた証でしょう。下村(現・志茂)に対岸の川口市元郷村の飛び地がrって、放水路のできるまで畑として作物を生産するため村営の「ナギの原の渡し」もあった。その地に当社は鎮座し五穀豊穣と家内安全をの信仰を仰いでいましたが、放水路の建設により現在の地に移築されました。