山門
山門
spacer説明版
【総泉寺 施設案内】
本堂|山門・説明|清水薬師堂と他の堂石仏群
布袋尊と廻し七福神聖観音坐像
江戸名所図会の清水薬師

境内は広く車で行っても駐車スペースは十分あるが、門前の道路は狭くすれ違い出来ない。車は小豆沢通りから入るが一部狭いからご注意あれ。

写真右下の説明版は山門左にあります。内容は以下に写します。
総泉寺
 ご本尊釈迦如来。宗派曹洞宗。妙亀山と称する。  本寺はもと浅草の大寺で、創立は建仁元年(1201)2月。開基は千葉介。中興開基は16世紀中頃当時の石浜城主千葉介守胤。その後石浜城主千葉氏の菩提寺となる。江戸時代になると江戸三刹の一つとして幕府の庇護をうけるとともに、秋田藩主佐竹氏の江戸での菩提樹となった。ところが関東大震災で被災すると、昭和3年この地に移転してきて大善寺と合併した。
 境内に祀られている薬師三尊は、もと大善寺の本尊で清水薬師とも称され、清水坂の地名もこれによる。また地蔵堂に祀られている地蔵は、もと清水坂の中腹にあったもので、現在は子育て地蔵として信仰を集めている。なお、墓地内には佐竹候や明治画壇の大家寺崎広業、大名松平忠良・忠憲父子の墓碑などがある。    (平成7年、板橋区教育委員会)

【関連情報】 薬師の泉  旧中山道の清水坂