豊川陀枳尼眞天 
豊川陀枳尼天
spacer
豊川陀枳尼天
【松月院案内】 →地図
松月院本堂高島秋帆顕彰碑・千葉自胤墓
豊川陀枳尼眞天|ヒイラギ・鐘楼など大堂

陀枳尼天(茶枳尼天・ダキニテン)、元は生きた人間を殺害してその肝を食す女の鬼神であったが御仏の怒りに触れてその通力を封じられた。しかしこの鬼類は人の肝でしか命を繋げないため御仏は、むやみな殺生をしないようにと「半年先に命終する人間を予知する」通力を授けた。そして命終の後に肝を取るようにと諭したといわれる。
以来、陀枳尼天のこの予知の通力を得るために、多くの修験者や密教系僧侶達が信仰の対象とした。しかし元が元であるために、神なのか魔なのかが判然としない。

真言密教では、稲荷神をインド伝来の鬼神・ダキニテン(陀枳尼天)と同一であるとしています。
稲荷は二つに分類されます。五穀と養蚕を司る穀物神・農耕神としてのウカノミタマ(宇迦之御魂・倉稲御魂)で稲荷明神として知られています。このお稲荷さん(稲荷神)は、京都の伏見稲荷大社が信仰の発祥神社で、一般に伏見稲荷として知られ、全国三万余りの社の総本社となっています。この社と合わせ、佐賀・祐徳稲荷大社、茨城・笠間稲荷神社を日本三大稲荷と呼びます。
もう一つは神社ではありませんが、愛知・豊川稲荷(正式名は円福山妙厳寺・曹洞宗)の本尊は千手観音ですが仏教のダキニシンテンを稲荷神として祀ります(江戸の名奉行・大岡越前守が信仰したことで知られます)。開山の東海義易の師寒厳義尹に始まる話、義尹が宋から帰朝するときに、突如として陀枳尼天が現れて「以後、義尹を守護する」と告げた。それに感激した義尹は陀枳尼天を自刻し、妙厳寺の山門に鎮守として安置したという。開山時には、さまざまな奇跡を起こして便宜をはかったといわれる。

【関連事項】 陀枳尼天社
 普門院(赤羽)弘法尊院(与野)