三藏院 蕨市中央2-30-10 龍亀山無量壽寺 真言宗智山派
三藏院(戸田市)

三藏院の沿革
 三藏院は三学院末 龍亀山無量壽寺と号し古い縁起は明らかでない。
新編武蔵風土記稿によれば 「本尊彌陀 開山を恵陽と云示寂の年月詳ならず 古村民川嶋三郎右衛門と云もの堂宇再建せしかば中興の開基とす 天正3年(1573)3月6日卒せりて 法諡無量寺俊儀居士と云 則此法諡をととりて 寺号とせしなるべし 云々とある」
下蕨の部落には 徳治3年(1308)や明応2年(1493)の古い青石塔婆があることから それ以前既に聚落をなしていたことがうかがわれ 三藏院の起源も その頃に遡って考えることもできる。
  文政年間に建てられた堂宇は 昭和20年4月13日午後11時頃敵機の焼夷弾により焼失。この時本堂にあった観音堂の本尊も鳥有に帰した。その後昭和26年に仮本堂が建てられたが 篤信の檀信徒によって昭和57年5月耐火構造を新しい伽藍の落慶を見た。
  昭和58年8月吉日 (境内石碑より)
六地蔵
地蔵尊 寺銘柱

↑先頭へ足立観音霊場一覧案内図