ロゴ  写真で巡る近場探訪TOPページ
 仏像のいろいろ
金剛力士像 金剛力士像 【乗蓮寺案内】 アクセスマップ
乗蓮寺山門・紋東京大仏
閻魔堂板橋領主の墓
鐘楼福寿観音堂弁天堂
天保大飢饉供養塔|仏像集

仁王門の正面が金剛力士の阿吽像、境内側には多聞天=毘沙門天像と広目天です。金網が邪魔して良い写真が撮れません。
その右は阿弥陀如来、それと最近気が付いた「お願い地蔵」です。赤い旗指しが脇に立ち花が供えられて、この一角だけ派手な雰囲気で何やらお願いをすればかなうらしい。

多聞天=毘沙門天 広目天 阿弥陀如来 お願い地蔵
文殊菩薩 役の小角 鉄拐仙人 何でも耐えるがまん鬼 →拡大
左から、文殊菩薩、行者の元祖・役の小角(えんのおずえ)、足の病気に霊験あらたかな鉄拐(かい)仙人、何でも耐えるがまん鬼。下4枚の像は藤堂高虎が朝鮮出兵の時に持ち帰ったといわれています。 「がまんする鬼」は藤堂家が浅井、織田、徳川と三代にわたり仕えてきた、その心持ちはまさに我慢のし通しだったことを現しているそうだ。