全棟寺の閻魔像
全棟寺の閻魔像
spacer
閻魔堂
【全棟寺の閻魔像】

浄土宗  川口市東本郷868
写真下の堂には名前の掲示がないが、中には立派な地蔵菩薩坐像があり、その両脇に十王と奪衣婆が安置されている。高さは15センチほどの小さな石像で、十王像には彩色が施されているがあせている。
全棟寺は、天正19年(1591)8月13日(江戸幕府成立以前)、付近へ鷹狩に来た家康父子が休憩に全棟寺を訪れた。接待は地元から選りすぐりの10人の娘。その中でひときわ美人の「きよ」という18歳の娘が家康に見初められ、大奥出仕の旨が届いたという。全棟寺にはその「御京殿」(きよ女)の供養塔がある。寺の紋は三つ葉葵だ。

→全棟寺のページはこちら