歓喜院の閻魔像
歓喜院の閻魔像
spacer
歓喜院の奪衣婆
【歓喜院の閻魔像】

山号:無量山観音寺 本尊:十一面観世音菩
住所:川口市新堀247
  --------------------------------------
開山は法印永乗と伝えられ、境内には貞和6年(1350年)と彫られた碑がある。これは、法印永乗の逆修碑であると過去帳に見えるので、それ以前の開創と思われる。しかし入寂の年月は伝えていない。境内には不動明王を三尊祀る不動堂がある。
(真言宗智山派埼玉第一教区より引用)

本堂の右前には閻魔堂の掲額が掛かった堂(写真下)があり、その中に安置されているのが閻魔大王と奪衣婆。大きさは閻魔像の方が一回り大きくて150cmくらいだろうか。

閻魔堂

(新里村)観喜院
新義真言宗、原村密蔵院末、無量山観音寺と號す、境内に貞和六年二月と彫たる碑あり、是開山永乗法印の逆修の碑なる由過去帳に見えたれど、示寂の年月を傳へず、本尊十一面観音なり。
  (新編武蔵風土記稿より)